このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月24日(Tue)

今日の運勢
(1位:おひつじ座)


すべて見る

今週の運勢
(1位:みずがめ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

旧暦:二十七日

師走


月星座:

マヤ暦:KIN140 / 黄色い 惑星の 種
ルーティンワークや、型にはまった行動パターンから抜け出す日。摩擦と抵抗は新しい動きに伴うもの。

貴石御塩ローズクオーツ(紅水晶) 商品説明


solt_beni1

solt_beni2

古来より塩は、穢れを祓い清める力を持ち、運気をあげたり人を招くと言われ、 盛り塩や清め塩として開運、浄化に使われてきました。 貴石御塩は粉末状にしたパワーストーンと御塩を混ぜ合わせることにより 2つのエネルギーが融合。 浄化開運御塩として、あらゆる場面で効果を発揮してくれるでしょう。

solt_beni3

【紅水晶御塩(べにすいしょうみしお)】
~ 恋愛成就、魅力アップ ~
恋を呼び愛をはぐくみたいとき、無限の平和を得たいとき、感情のバランスをとりたいとき、心の傷を癒したいとき、美的感覚を強化したいとき などに……

【紅水晶とは】
紅水晶とは「ローズクォーツ」のこと。ピンク色をしたその石は、恋愛運を上げてくれるとして有名です。また、女性としての魅力を高めてくれたり、自分を愛することを(まずは自分を愛せないと、他人からも愛されないものです)優しく教えてくれると言われています。

【とても特別な日に作りました!】
地球という惑星の70% は海が覆っています。天然の塩は海のエネルギーも強く内包しています。 そして、海の満ち干きに大きく影響するのが月。その月のエネルギーが一番高い満月の日に塩の浄化を行ない製品にしました。
さらに今回は、満月であり大安吉日でもある日に作った特別ヴァージョンとなります。限定数のみとなりますので、お求めはお早めに!

【沖縄の天然粗塩を使っています!】
精製されていない御塩(粗塩)は、浄化力が優れていると言います。また、今回の御塩は沖縄県産のものを使用。豊かな海の恵みをたっぷり含んでいます。
※食用ではありません。

【こんなときに使ってみてください】
邪気を払いたいとき、運気がよくないと感じたとき、土地や空間の気の流れをよくしたいとき、商売繁盛を願うとき、ダイヤモンドのエネルギーや効果を得たいとき……
・「盛り塩」として
・気になる場所に撒いて「清め塩」として
・パワーストーンやブレスレットを「浄化」したいとき
・袋などに入れて「お守り」代わりに

solt_common1solt_common2solt_common3

solt_common4

厄払いや魔除け、縁起を担ぐために、玄関などの入口や部屋に塩を置くのが盛り塩です。起源には諸説ありますが、日本では既に奈良・平安時代よりその習慣があったと言われています。また、神道では先の尖がった部分に神が宿るとされており、単に塩を盛るのではなく円錐や三角錐の形にするのが一般的のようです。

※盛り塩の方法には諸説あり、ここでは一般的な例を記載させて頂いております。

【盛り方】
1.円錐筒に適量(15~20g)の御塩を押し込むように入れ、盛り皿で蓋をする。
2.素早くひっくり返す。
3.上から指で軽く叩いてそっと円錐筒を引き上げる。

【置き場所】
自宅やオフィスの玄関や出入り口、水回りなど、気の流れを改善させたい場所に置きます。
お部屋の四隅に置けば、邪気が入ってこないよう結界を創るとも言われています。
集客を上げたい店舗や事務所の出入り口にもおすすめです。

【交換時期】
一般的には3日~1週間位と言われております。しかし、塩の性質が変わってきたり
形が崩れた際には直ちに交換されることをおすすめします。
せっかく気の流れがよくなっても、不衛生にしていては再び邪気が貯まってしまいます。

solt_common5


【限定セットあります】
盛り塩を初めて試される方のためのスターターキットとしてお得なセットを作りました!金剛(ダイヤモンド)御塩と水晶御塩、白陶器製の盛り塩成形型と盛り皿を木箱に詰め合わせました。大変お得なセットとなっております。
盛り塩セットはこちら≫

サブコンテンツ

TOPへ