このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月20日(Fri)

今日の運勢
(1位:みずがめ座)


すべて見る

今週の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

旧暦:二十三日

師走

下弦の月
月星座:

マヤ暦:KIN136 / 黄色い 律動の 太陽
自分の大胆さに後になって驚く日。人は、自分を忘れた時は、越えられない一線を越える大胆さを手に入れる。

ハイヤーセルフとのコミュニケーション実践編(3) ポエティック・ライフ


 

今月まで続いたタロッティスト パトリック先生のコラムも

いよいよ 最終回を迎えました。

 

前回までの記事はこちら >>

●ハイヤーセルフとのコミュニケーション実践編(1)朝活はぜったいコレ!! デイリースプレッド

●ハイヤーセルフとのコミュニケーション実践編(2) ドリームワーク

1175578_703825552976909_1830823587_n

 

 

最終回のテーマは「ポエティック・ライフ (poetic life)」

 

つまり「詩的生活」です。

 

 

「詩的」に生きるとはどういうことか。

 

毎日、詩を書くこと?

 

いいえ。必ずしも、そうではありません。

 

 

あなたが日々使っている言葉を思い浮かべてください。

いったい、どんな言葉をつかっていますか?

 

 

 

あなたの口から出てくる言葉

それは、本当に“あなたの言葉”でしょうか?

 

 

現代に生きる私たちは、テレビ、ラジオ、インターネットに

新聞、雑誌、書籍などの紙媒体、広告などなど

 

日々の生活を、多くの“言葉”に囲まれて生きています

 

そう、それらはすべて、

“誰かが何かの目的のために生み出した言葉”

 

usage -つまり「使途」のある言葉なのです。

 

マジックの世界では、“言葉”は“魔法”と考えられています。

 

 

以前、マジックの根本的な考え方として

 

“As above, so below”

「下のものは上のものの如く、上のものは下のものの如し」

 

という言葉をお伝えしました。

 

この考え方の根本、マジック、錬金術の根本にある考え方は

 

“The earth is a living being”

つまり、「地球は1つの生きる存在である」ということです。

 

shutterstock_101105515

 

こう聞いて「あたりまえじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

現代の社会は必ずしも、そのような価値観のもとで動いてはいませんね。

 

地球の血肉である、資源は、際限なく搾取され

地球の生み出した地形は、用法(つまり、usage)に合わせて

人間の使いやすいように変形させられています。

 

マジックを用いる者や、錬金術師の基本的な考えは

「地球も一つの生命体として、その力には限界がある」ということです。

寿命もあれば、体力、肉体の限界もあるということ。

つまり、無限ではないということです。

 

しかし、人間は、モノ言わぬ地球を、なにかと利用したがる生き物のようです。

そこには、生命体としての地球へのrespect(尊敬の念)が欠落してしまっています。

これは、マジックの世界では、絶対的にNOです。

 

 

言葉の話しに戻りますが、

言葉の世界でも、同じようなことが日々行われています。

 

朝起きて、すぐにテレビをつける、

もしくは、スマホを操りインターネットから無数の言葉を拾う……

外に出れば、広告などを中心にさまざまな言葉を目にする

新聞、雑誌にもさまざまな言葉が書かれている

 

こうして、日々、言葉のシャワーを浴び続けていますが、

その中に“あなたの言葉”は存在していません。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

「詩的に生きる」ためには、

この「言葉」を取り戻すということが必要です。

 

私たちは、大宇宙の中の小宇宙。

つまり、大宇宙の中の一部として存在しています。

 

決して、孤立した“個”ではないのです。

 

 

孤立感、孤独感は、私たちの中に枯渇した感覚、もの足りなさを与え

その結果、何かと一体感、満足感を求めるようになります。

その典型的な行動の一つが、消費活動です。

 

テレビで「いい!」と言われていたものを買って、

自分も「いい!」と思う一体感。

 

この心理を、多くの場合、ある目的のために利用されてしまっているのです。

つまり、“誰かが何かの目的のために生み出した言葉”によって、

魔法にかけられてしまっていると言ってもいいでしょう。

 

 

自分自身を、大宇宙の中の一部として実感できれば、

誰かの言葉によって、魔法をかけられ、

揺らぎ、孤独感を感じることもありません。

 

 

タロットや占星術の本来の目的は、

「大宇宙とそれ以外のものをつなぐ関係性を知ること」です。

 

 

 

デイリースプレッドで引いた一枚のカードから、

大きな存在としての宇宙と、

小さな存在としてのあなた自身に関連する事柄のつながりを考えてみてください。

 

 

その積み重ねによって、あなたは、

ただ一人の消費者や労働者、生活者という存在ではなく、

宇宙にたった一人の

神秘に溢れた、素晴らしい、特別な存在へと変化していきます。

 

そのために必要なエクササイズが、ここまでの連載でお伝えしてきた

瞑想であり、

ワンカードリーディングであり、

ドリームワークを通じた、

ハイヤーセルフとの対話だったのです。

 

 

ぜひ、パトのマジカルエクササイズを実践してみてください。

その中で、なにかと出会い、心が動いた瞬間に

出てくる言葉があるはずです。

 

shutterstock_128187491

 

その言葉は、あなただけの魔法の言葉です。

 

 

 

一見、意味のない言葉のように思えるかもしれません。

それでも、手帳の片隅でも、ノートでもいい、

何かに書き留めておいてほしいのです。

 

再び、その言葉、あなただけの“オリジナルワード”を見た時に、

そこに、魔法が生まれます。

 

その言葉の中にあなたは、新しい「自由」を見いだすことが出来ます。

そして、その言葉に「あなただけの真実」を見つけるでしょう。

 

いつもの風景、いつもの景色の中にも

今まで知らなかった新しい「何か」を見つけられるかもしれません。

 

こうして、言葉(マジック)を生み出していく日々こそが、

ハイヤーセルフと手をとりあった生き方、

 

『ポエティック・ライフ(詩的生活)』なのです。

shutterstock_60772333

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TAROTIST(タロッティスト)

Michael Patrick Gorman

1175578_703825552976909_1830823587_n

タロットは「私たちの魂の言葉である」という考えのもと、

タロットカードを読み解くことで、現代の生活に、

詩とマジックに溢れた“生きた”感覚を取り戻すことを

自らに与えられた使命として活動している。京都在住20年。

http://www.tarotschooljapan.com/

サブコンテンツ

TOPへ