このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月20日(Fri)

今日の運勢
(1位:みずがめ座)


すべて見る

今週の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

旧暦:二十三日

師走

下弦の月
月星座:

マヤ暦:KIN136 / 黄色い 律動の 太陽
自分の大胆さに後になって驚く日。人は、自分を忘れた時は、越えられない一線を越える大胆さを手に入れる。

【KOKOri.流 バランシング・タロット~ワンドの10】


こんにちは、フォーチュンセラピストKOKOri.です。

 

 ワンド・ワールドの最終回、10回目になりました。カードはワンドの「10」です。今回の更新は新月の天秤座。自然界のエレメントでは「」の要素を持っています。天秤座は人あしらいがうまい社交家で、軽やかにさまざまな人間模様をスルスル渡っていきます。しかし、それに夢中になってついつい調子に乗ると……どうやら今回のカードのような状況に陥りそうですよ。それでは、どうぞご一緒に。

 

 

ところで、「バランシング・メソッド」ってなに? >>> 初回コラムはこちら。

 

 ワンドの10

 

<ワンドの10>

 ワンドは自然界のエレメントでいえば「人生の外側に現れる要素、行動力や成長、主張やパッション、理想や欲望、クリエイティブなエネルギーを担当しています。そのエネルギーが最終段階<10>になると「火」の量はワンドの世界では最大級、なにやら暑苦しさ満載の予感がしてきますね。絵柄を見ると一見、暑苦しそうではないのですが……登場人物はワンドを10本も一人で抱え、前が見えない状態なのによろよろ歩いている姿が描かれています。

 タロットカードの絵柄はスペースにも意味があり、は「過去や潜在的な可能性」を、は「未来や実現の可能性」を表しています。それに照らし合わせると、彼は重い過去を背負いながら、未来へとなんとか進んでいこうとしている最中ですね。

 

 このカードが正位置で出ると、徳川家康の遺訓を思い出します。「人生とは重荷に背負いて往くが如し」うーん、重い。そして真実。情熱が成長し突き進むと、自然と行動範囲も広がり、さまざまな経験を積むことになります。経験は傷や名誉といった思い出の荷物に変わり、人間関係も厚みが増すでしょうが、いらない関係も惰性を続けることになってしまったりも。私たちはそのすべてを背負って未来に向かって歩いていくことになる。これは良くも悪くも自然な人生の姿のひとつといえるでしょう。

 

 

 

 それでは、逆位置で出るとどうなるでしょうか?

 (バランシング・メソッドでは、このカードが出たとき過剰と見るか不足と見るかは、隣り合ったカードや周囲のカードとの組み合わせを参考にして判断していきます)

 ※ちなみにこのカードは、過剰、不足ともにどちらにも取りやすい側面がありますので、迷ったときは周囲のカードとの組み合わせリーディングがさらに重要ポイントになってきます。

 

 ワンドの10

 

【バランシング・メソッド/過剰

 何がなんでも自分の道をいくんだ! と決めていたのに、抵抗勢力の強さに踏ん張る足腰が立たなくなりそうな状態です。向かい風をかわし切れず、難問を切り抜ける知恵もなく、ただ意地だけ張るエネルギーに支えられ、荷物を降ろざずにいるのですね。言い訳を垂れ流しながら立ち往生している姿が浮かんできます。

 

 

バランシングタロットからのひと言

 状況に素直になって、そろそろすべてを手放してしまったほうがいいかもしれません。楽になってから新しいことを考え進んでいくほうが、進む道も明るく見えるでしょう。自分の心を偽ってまで過去を背負って進んでも、周囲からの適切な協力は得られません。このカードが出たら、まずは気持ちを平常心に戻す方法を考えましょう。

 

 

 

【バランシング・メソッド/不足

  「もうこれ以上は耐えられないだろうな」と感じ始めている状態です。かつては大切にしてきたものやあえて増やしてきたものに魅力を感じることもなく、むしろその多さにうんざり気味。これまで実際の自分の器以上のものを求めてしまった結果ともいえるでしょう。

 

 

バランシングタロットからのひと言

 人生には「求めよ、さらば与えられん」といった面がありますが、求めすぎるとそれは本人をむしばみ、未来を見失わせ生きる力を奪いかねない魔物になります。何ごともほどほどにね、とはよく言われるアドバイスですが、苦い経験をしないとその加減がわからない、というのも人生の皮肉ですね。

**************************************

 

KOKOri.2.2

 

KOKOri./フォーチュンセラピスト

 

”真の自分らしさを最高に開花させることが開運好転のカナメ。そんな方が一人でも多くなれば未来ニッポンに光の柱が立つ”という志で活動。13年目。カバラタロット、クリスタル&サビアン占星術、パームリーディング(手相)、風水、九星方位気学など東西の神智、神秘学を融合させた独自のアウェアネス・メソッド【Star✽Flow】により、セルフイメージを整え、開運ポテンシャルを高めるパーソナルセッションと各種WSを企画開催。2013年6月、お守りメッセージブック『魂守りコトバ~がんばっている人に効く言葉のおまじない』(イラスト:利光春華)<世界文化社刊>を出版。WEB、雑誌等での執筆も多数。

サブコンテンツ

TOPへ