このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月17日(Tue)

今日の運勢
(1位:おうし座)


すべて見る

今週の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:やぎ座)


すべて見る

旧暦:二十日

師走

更待月
月星座:

マヤ暦:KIN133 / 赤い 電気の 地球
どこかへつながるトンネルをくぐっていく日。先に何があるかわからないから、その過程を楽しむことができる。

KOKOri..流 バランシング・タロット~ペンタクルの4


こんにちは、フォーチュン☆セラピストKOKOri.です。

 

今回の更新タイミングは天秤座の新月ですね。天秤座の属するエレメントは「」。知性や知識、公的コミュニケーションを司る世界です。一方、今ご紹介している「ペンタクル」シリーズが属する世界は「」。経験や着実な努力という実際的なプロセスを重んじ、目に見える豊かさや確かな成果を司る世界。「風」と「地」の組み合わせは、知性と経験から生まれる知恵の結晶でが、ナンバー「4」のエネルギーがからんでくると一体、どうなるのでしょうか? それでは、どうぞご一緒に。

 

 

ところで、「バランシング・メソッド」ってなに? >>>  初回コラムはこちら。

 

ペンタクル4

 

<ペンタクルの4>

絵柄を見ると、王冠とペンタクルを頭に載せた人物が街から背を向けています。その胸にはまたペンタクルが、そして両足の下にもペンタクルを敷いています。誰にも取られまいとするかのように、彼は自分の所有物にしがみついている状態です。こうしてしがみついている間だけは、不安に足を取られず心もグラつかずにすむんだ、といった風情ですね。このカードが正位置で出た場合は、 わずかな財産や宝物でも、それは自分を信念と実行力で得たもの。しかしそれを守るためには世界から遠く離れなければいけないかのような心持ちを顕わしています。では、逆位置に出た際はどうなるのでしょう?

 

 

(バランシング・メソッドでは、このカードが出たとき過剰と見るか不足と見るかは、隣り合ったカードや周囲のカードとの組み合わせを参考にして判断していきます)

 

ペンタクル4

 

 

【バランシング・メソッド/過剰

「今度の彼って完全に束縛系。30分毎にLINEや電話してきて連絡取れないと不機嫌になるのよ」あるいは「俺の上司ってさ、いわゆる昭和っていうの!? 安定が第一だって言い張って古いやり方にこだわるから、部下の新しい意見なんて絶対取り上げようとしないんだよな」という状態です。今の関係、状況をキープするためだけにエネルギーを注ぎ、刺激や変化を受け入れようとしないのですね。

 

 

バランシングタロットからのひと言

 安定を確保しようとする気持ちは人間として自然ですが、あまりにも刺激や変化を恐れ、安定をはかるあまり行き過ぎた束縛に走ったり、機能しない時代のやり方にこだわる思考グセは、パートナーや時代からも見放されてしまいかねません。新しい経験をその手に呼びこむためには、持っている荷物を手放し身軽になることも時には必要です。

 

 

 

 

【バランシング・メソッド/不足

「私ってまわりからはパーティーピーポーって言われてる。今はとにかく遊べるだけ遊んでやれって気持ちなの。24時間遊びつくす!こんなことできるのって若いうちだけでしょ?進学や将来の仕事のことなんてどうにかなるよ」あるいは「彼女に言われたんだ。”私と仕事とゲーム、どれが一番大切なの?”って。うーん、やっぱ選べないわ」という状態です。地に足のつかない生活、人生で最も大切なものを選び守る姿勢がないといえるでしょう。

 

 

バランシングタロットからのひと言

 こだわりが過ぎても孤独に陥るリスクがありますが、実生活に基づいた習慣を持たず、大切なことは何かをしっかり見ようしないままだと、人生における足元は次第に脆くなります。真の豊かさは、執着や放埓な態度とは無縁な場所から生まれるものです。

 

 

 

 

**************************************

KOKOri./フォーチュンセラピスト

”真の自分らしさを最高に開花させることが開運好転のカナメ。そんな方が一人でも多くなれば未来ニッポンに光の柱が立つ”という志で活動。13年目。カバラタロット、クリスタル&サビアン占星術、パームリーディング(手相)、風水、九星方位気学など東西の神智、神秘学を融合させた独自のアウェアネス・メソッド【Star✽Flow】により、セルフイメージを整え、開運ポテンシャルを高めるパーソナルセッションと各種WSを企画開催。2013年6月、お守りメッセージブック『魂守りコトバ~がんばっている人に効く言葉のおまじない』(イラスト:利光春華)<世界文化社刊>を出版。WEB、雑誌等での執筆も多数。

サブコンテンツ

TOPへ