2017年5月24日(Wed)

今日の運勢
(1位:おとめ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:おうし座)


すべて見る

旧暦:二十九日

卯月

次の新月は7月4日です

月星座:おうし座

マヤ暦:KIN260 / 黄色い 宇宙の 太陽
終わりが始まりを示し、死が誕生を示すこと、その原理を自らに照らし合わせて考える日。あらゆる変化を受け止めて。

【KOKOri..流 バランシング・タロット~ワンドの5】


こんにちは、KOKOri.です。

 

 今回の満月水瓶座にいますね。この星座は自由を愛する博愛主義者のイメージ。未来のための夢やアイデアを語り合うのは大好きだけど、一対一の関係に縛られるのは息苦しい。そんな自由の象徴、水瓶座のタイミングでご紹介するのが「ワンドの5」です。カバラ数秘術<5>のパワーを宿し、刺激やスリルを求める探検家のイメージがある<5>。自由を越えてかなりアクティブな様子がうかがえますが、タロットカードではどうなっているのでしょう? それではさっそくご一緒に。

 

ところで、「バランシング・メソッド」ってなに? >>>初回コラムはこちら。

  ワンドの5

<ワンドの5>

 ワンドは自然界のエレメントでいえば「人生の外側に現れる要素、行動力や成長、主張やパッション、理想や欲望、クリエイティブなエネルギーを担当しています。そのエネルギー<>になると「火」は、ますますパワーアップし異質な物にでもグイグイ迫っていくように見えます。そのため、このカードが正位置で出たときは、意見の衝突や心と心のぶつかり合いがハッキリと暗示されているのですね。価値観や感情がすれ違うことで起きる戦い。そこから逃げずに向き合うことで解決の手立てが得られるともいえるので、カードの出現に「わ、トラブル発生だ~!」と怖がらずに踏ん張りまりましょう。

 

 それでは、逆位置で出るとどうなるでしょうか?

 (バランシング・メソッドでは、このカードが出たとき過剰と見るか不足と見るかは、隣り合ったカードや周囲のカードとの組み合わせを参考にして判断していきます)

 ワンドの5

【バランシング・メソッド/過剰

 誰も得することのない消耗する戦い、といえますね。例えば「これってただのプライドの奪い合いでしかないよね~」と内心思っているにもかかわらず、引くに引けない夫婦ゲンカ。そんなトゲトゲしい空気に片足を突っ込んでしまった状態です。得るものなく疲れるだけで、後で振り返ってみると「結局、お互い何を主張したかったのかまったくわからなかった・・・・・・そして何も解決していない・・・・・・」という虚しさまで生んでしまうのですね。

 

 

☆バランシングタロットからのひと言

 相手の意見も自尊心も徹底的につぶさないと気が済まなくなる感情的なやり取りは、後味悪さと不毛な疲れだけが残ります。それだけじゃなく思わぬ恨みを買うことも。。。意味のない競争心に足を取られないよう注意しましょう。

  

【バランシング・メソッド/不足

 戦いを回避するため妥協案を優先している状態です。例えば「このプラン、もっと時間をかけて練るべきだと上司に思いきって言わないとダメだよね。本当はしっかり向き合い、自分の意見を主張したほうが結果はいいはず。そうじゃないと何も進まないこともわかってる。でも。。。そんなパワーがイマイチ出てこないんだよねえ。はあ~」という感じ。問題の根本にしっかりコミットするにはそろそろ本格的な試練を乗り越えないといけないよ、というタイミングも顕わしているのですね。

 

 

☆バランシングタロットからのひと言

 争いを避けて通れるならラクですが、そうも言っていられない状況に陥ることってあるものです。納得のいく道を丁寧に見つけるためにも、思いきって闘争の渦に飛び込んでみる経験は必要です。本当の成長のためにも勇気出していこう!

 

**************************************

 

 

 

KOKOri.2.2

 

 

 

KOKOri./フォーチュンセラピスト

 

 

 

”真の自分らしさを最高に開花させることが開運好転のカナメ。そんな方が一人でも多くなれば未来ニッポンに光の柱が立つ”という志で活動。13年目。カバラタロット、クリスタル&サビアン占星術、パームリーディング(手相)、風水、九星方位気学など東西の神智、神秘学を融合させた独自のアウェアネス・メソッド【Star✽Flow】により、セルフイメージを整え、開運ポテンシャルを高めるパーソナルセッションと各種WSを企画開催。2013年6月、お守りメッセージブック『魂守りコトバ~がんばっている人に効く言葉のおまじない』(イラスト:利光春華)<世界文化社刊>を出版。WEB、雑誌等での執筆も多数。

 

サブコンテンツ

TOPへ