2017年7月26日(Wed)

今日の運勢
(1位:おうし座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:しし座)


すべて見る

旧暦:四日

水無月

次の新月は7月4日です

月星座:おとめ座

マヤ暦:KIN63 / 青い スペクトルの 嵐
周囲の言葉があなたの中に構築されていた固定概念を打ち壊す日。なるがままにしてみよう。

ことばと からだと


こんにちは。猛暑が続きますね。汗だく編集部Mです!

昨日、京都某所で行われた 出版記念パーティーにおじゃましてきました。

 

パーティーの主催者は、フォーチュンセラピストのKOKOri.さんと セラピスト(こちらはボディの)手島渚さん。

1148866_605306606167314_74449354_n

お二人は、最近、それぞれ書籍を出版されたので、 それを記念してのトークイベントでした。

トークのお相手には、編集者の後藤繁雄さんをお迎えして、 編集者、フォーチュンセラピスト、そして、ボディワーカーとしてのセラピストの 意外な共通点についてお話してくださいました。

それは、「触れる」こと。 言葉をつかって、その人に触れる。 手をつかって、その人に触れる。

タロットカードを通して、その人の心に触れる。 身体を通して、その人の心に触れる。

編集者は、クライアントがやりたいと思っていること、思い描いていることを 会話を通して、言い当てていく。 フォーチュンセラピストは、占術を通じて、その人の心の奥の願望や、自分でも気づかない一面に近づいて、言い当てていく。

それを、特別な力と感じるひと、 ある種、魔術的だと感じるひと、 受け取り方は、さまざまだけど、 それは、その人に与えられた特別な能力ではなくて、 本来人間が持っている能力信じて、活性化させている人ができることなのかもしれない。

昨夜、お話を聞きながら、そんなことを感じました。

KOKOriさんの本「魂守り言葉」も手島渚さんの本「ハグモミ」も いまを生きる人に必要なことが、ギュッと濃縮された缶詰みたいな内容になっています。 旬がある本ではなく、読む時期、読むタイミング、読む時代によって 形を変えて、存在していく本になるんじゃないかと私は感じました。

 

毎日おみくじ感覚で読める1冊 挿絵が素晴らしいです

4138rP-nPKL__SS400_

 

もっと、人と触れ合いたくなる、見やすいキレイな一冊です。

 51G3Y2C24KL__SL500_AA300_

 

(アゲウン編集部:M)

サブコンテンツ

TOPへ