職場で孤立してしまった時の対処法3つをご紹介|辛い人間関係から抜け出そう!

「職場の人と馴染めない、浮いている気がする…」
「どうしたら孤立を解消できるんだろう?」

職場での人間関係が上手くいっていないと、それだけで鬱な気持ちになりますよね。「会社に行くのも辛い…」そんな経験がある人って、意外に多いんです。

本記事では、職場で孤立してしまう人の特徴7つ孤立するメリット・デメリットをご紹介。

また、孤立しても気にしない方法3つ辛い孤立を解消させる対処法も3つ紹介します。

原因を知った上で対処すれば、辛い人間関係から抜け出す事が出来ます。是非最後までお読み下さい。

 

職場で孤立してしまう人の特徴7つ

「なんで自分は孤立してしまっているのだろう?」

孤立してしまうのには、必ず何かしらの理由があります。単に自分の問題のせいであったり、理不尽な嫌われ方であったり、人によってその理由はさまざまです。

職場での孤立から抜け出したいなら、まず自分がなぜ孤立しているのか原因を知る事が解決への近道です。

そこでここでは、職場で孤立してしまう人の主な特徴として以下の7つを紹介していきます。

  1. コミュニケーションが苦手
  2. 常識がない
  3. 清潔感がない
  4. 過去に問題を起こしたことがある
  5. 空気を読めない
  6. ノリが悪い
  7. 嫉妬されている

1つずつ順番に解説していきますので、自分に当てはまっているものがあるかチェックしてみてください。

1:コミュニケーションが苦手

人見知りでコミュニケーションをとるのが苦手という人は、職場で孤立してしまう傾向があります。

「会話が続かなかったり、話しかけられたりするとつい遠ざかってしまう…」などの経験はありませんか?

スムーズな会話が出来ない人は、周りから「自分と話したくないのかな。」と思われてしまいます。そして、意思の疎通がしづらくなり、結果的に相手が自分に近づきにくくなって職場で孤立してしまうのです。

2:常識がない

常識がないのも職場で孤立してしまう大きな原因です。

例えば、以下のような、社会人として一般的な常識を持っていないと、周りから嫌われてしまいます。

  • 挨拶が出来ない
  • 敬語が使えない
  • 謝れない
  • 遅刻が多い

人としてのモラルやマナーがなっていない人は、職場だけではなくどんな場所でも避けられやすいので注意が必要です。

3:清潔感がない

「会社に行くだけだし、身だしなみは適当でいいや〜。」なんて思っていませんか?

いくら中身が良い人でも、見た目に清潔感がないと、「だらしない人」「ガサツな人」という印象を持たれてしまいます。清潔感がないだけで、他がどんなに優れていても、周りからは避けられてしまうのです。

ボサボサの髪やフケ、体臭や口臭が酷い。もし仮に自分以外の人で不潔な人がいたら、自分だってこの人に近づきたくないなと思うはずです。

4:過去に問題を起こしたことがある

 

仕事で重大なミスを起こしてしまったり、同僚と喧嘩してしまったり。過去に職場内で大きな問題行動を起こした経験があると、それが孤立してしまうきっかけとなります。

問題を起こすような人を信頼するのは、大抵の人には難しいです。「この人と一緒にいたら、自分までトラブルに巻き込まれるのではないか」と思われ、信頼を失ってしまいます。

一度失った信頼はなかなか取り戻せず、周りから避けられる原因となるのです。

5:空気を読めない

その場の空気を読まずに行動や言動を起こすような人も、孤立してしまいがちです。

職場では皆互いに集中して仕事ができる環境を求めています。真面目な場でふざけたり、やってはいけない事をしたりしてしまうと周りをイライラさせてしまうのです。

また、空気を読めない人は鈍感な人が多く、自分が空気を読めていない事に気付くのが難しいです。無意識に行っているため、直そうとすると工夫が必要になります。

6:ノリが悪い

同僚とのランチや会社の飲み会など、長く働いていると「〇〇さんも来ない?」と職場以外での交流に誘われることが何度もあるでしょう。しかし、誘いを断ってばかりいると、どんどん周りから孤立していってしまいます。

元々予定があったり体調がすぐれなかったりして、たまに断るくらいであれば問題はありません。

しかし、誘いを毎回断ってばかりだと「ノリが悪い人だな」と思われ、徐々に誘われる事もなくなっていきます。そして、次第に周りの人が離れていってしまい孤立してしまうのです。

7:嫉妬されている

「自分には思い当たる原因が見つからないのに、なんだか避けられている気がする…」そんな場合、もしかしたら周りから嫉妬されているかもしれません。

理不尽な理由ですが、人は自分より優れていたり目立っていたりする人を見ると嫉妬してしまうものです。自分には非がないのに、辛い理由ですよね。

嫉妬に関しては、特に女性にありがちな問題です。女性の場合、美人な人や上司からチヤホヤされている人は、標的にされやすいです。

 

職場で孤立するメリット3つ

職場で避けられ、孤立しているのは寂しいと感じる人が多いでしょう。

しかし、デメリットばかりに感じてしまうかもしれませんが、孤立することが全て悪いことではないのです。孤立することによって得られるメリットもあります。

そこでここでは、職場で孤立するメリットとして以下の3つをご紹介します。

  1. 仕事に集中できる
  2. 人に余計な気を遣う必要がない
  3. 飲み会などで無駄な出費を抑えられる

「孤立であることが辛い」と感じている人は、メリットを知ることで、多少なりとも気持ちが楽になるでしょう。

1:仕事に集中できる

孤立していることによって、余計なことを気にせず仕事に集中できます。

孤立することで、話しかけられず、仕事に関係ない事にも誘われなくなります。そのため、職場では自分の仕事一点だけに集中できるのです。

仕事に集中する事で、さらに結果として自分の成果もアップ出来るので、一石二鳥とも言えるでしょう。

2:人に余計な気を遣う必要がない

孤立していると、人に余計な気を遣う必要もありません。

職場での人間関係は、何かと気を遣うことが多いです。「どうすれば嫌われないかな?」「これは失礼じゃないかな?」と周りに気を使いすぎて、それだけで疲れてしまう人もいるでしょう。

孤立することで、そのような煩わしい人間関係も気にする必要がなく、ストレスフリーで過ごせます。

3:飲み会などで無駄な出費を抑えられる

職場での人付き合いが良いと、飲み会やランチに誘われる事が多いでしょう。しかし、孤立していれば、そのような付き合いに行く必要もなく、無駄な出費を抑えられるのも大きなメリットです。

たまに行く程度ならそこまで支障はないですが、毎回の飲み会などでかかる出費は積み重なると馬鹿になりません。

お金を稼ぐために行く職場なのに、その職場の付き合いでお金を消費するのは勿体無いと考えると、孤立するメリットを感じられるでしょう。

 

職場で孤立するデメリット3つ

孤立していても上記のようなメリットもあり、平気で過ごせる人もいるかもしれませんが、そのような人でも職場においてはなにかとデメリットは生じてくるものです。

そこでここでは、職場で孤立する主なデメリットとして以下の3つを紹介していきます。

  1. 困った時に人に頼れない
  2. 暇な時間が増える
  3. 孤独を感じる

職場で孤立するデメリットを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1:困った時に人に頼れない

仕事で困った時に頼ったり相談できたりする相手がいないというのは、想像以上に大変です。

自分が一杯一杯になってしまうと、誰しも人に助けを求めたくなるもの。職場で孤立していると、万が一の時に助けてくれる人が誰もいないのです。

助けてくれる人がいないと、すべて自分で解決しなくてはいけなくなります。その結果、上司に怒られたり、大きなミスを起こしてしまったりする可能性もあるでしょう。

2:暇な時間が増える

孤立していることで、職場での退屈な時間が増えるでしょう。

人間関係が良いと休憩中も同僚と話したりランチへ行ったりと、職場での充実した時間を過ごせます。

しかし、孤立していると話す相手も一緒に過ごす相手もいません。仕事に集中している時には良いかもしれませんが、それ以外の時間では退屈に感じてしまうでしょう。

3:孤独を感じる

「孤独を感じる」ことは、職場で孤立している多くの方が感じるデメリットです。

職場で孤立していると、周りが会話で盛り上がっていても自分は参加できなかったり、自分に面白い出来事があっても話せる相手がいなかったりします。

そのため、「自分は一人ぼっちだ…」と多くの人は寂しく感じてしまいます。

また、周囲に避けられることで、職場での居心地も悪くなってしまうのです。

 

職場で孤立しても気にしない方法3つ

職場で孤立してしまうと、多くの人は辛いと感じてしまうでしょう。

一刻も早く孤立から抜け出したい、解消したいと思うかもしれませんが、理由によってはなかなか難しいかったり時間がかかったりする場合もあります。

しかし、孤立から抜け出せなくても、それを気にしないようにする事は可能です。

そこでここでは、職場で孤立しても気にならなくなる方法として以下の3つをご紹介します。

  1. 自分の仕事に集中する
  2. 職場以外でのコミュニティを作る
  3. 職場は「お金を稼ぐ場」と考える

1つずつ順番に解説していきますので、職場で孤立していると感じた時の参考にしてください。

1:自分の仕事に集中する

周りのことを見ず、自分の仕事だけに集中してみましょう。

職場の人間関係を良くしようと、上司に気を使ったり無理に話しかけてみたりなど、気を遣いすぎると逆に精神が疲労してしまい、仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

自分の仕事だけに集中していれば、周りの人間関係を気にしようとする気持ちもなくなり、成果も自然と上がっていくでしょう。

職場は働くための場所なので、無理して交流をする必要はないのです。

2:職場以外でのコミュニティを作る

共通の趣味がある人や、同級生など、職場以外でのコミュニティを作ってみましょう。

職場は、色々な人が集まってきている場なので、馬の合わない人もいるのは当然です。職場はあくまでも数あるコミュニティの一つに過ぎません。

外の世界にはもっと沢山のコミュニティが存在します。自分に合う場所を見つけることで、職場は「働くための場所」と割り切れます。

職場での人間関係にこだわらなくなれば、孤立でいることも自然と気にならなくなるでしょう。

3:職場は「お金を稼ぐ場」と考える

人間関係を無理に築こうとぜず、職場は「お金を稼ぐ場」と割り切ってみましょう。

職場は働いてお金を稼ぐために行く場所です。給料がなくなったら、誰も働こうなんて思いませんよね。

お金を稼ぐためには、その場の人間関係は必要ないのです。

「孤立していてもお給料はもらえる」は少しドライな考え方かもしれませんが、割り切ることで孤立していても何も気にならなくなります。

 

辛い孤立を解消させる対処法3つ

孤立しても気にしないようにする事は可能ですが、「話し相手がいないとやっぱり寂しいし孤独感を感じる…」という人は、一刻も早く孤立から抜け出したいですよね。

孤立することがどうしても嫌な人は、周りとの人間関係を良くしていかなければいけません。

そこでここでは、辛い孤立を解消させる対処法として以下の3つをご紹介します。

  1. 原因を改善する
  2. 挨拶を積極的にする
  3. 謙虚な態度で接する

すぐに解消するのは難しいかもしれませんが、時間をかけて実践し続けることで、自然と周りに人が集まってくるでしょう。

1:原因を改善する

自分が孤立している原因が分かるのであれば、それを改善することが孤立を解消する一番の近道です。

「自分がなんで孤立しているのか分からない」という人は、まず自分の行動や言動を見直してみましょう。自分を客観的にみてみることで、その原因が見えてくるかもしれません。

また、勇気のある人は、思い切って誰かに聞いてみると良いでしょう。

2:挨拶を積極的にする

「孤立していて誰からも話しかけられない…」と思っている人は、周囲から話しかけられるのを待つのではなく、まず自分から積極的に挨拶してみましょう。

「おはようございます!」「お疲れ様です!」など、たった一言だけならコミュニケーションが苦手な人でも実践しやすいでしょう。

最初は相手も戸惑いそっけない反応かもしれませんが、続けていけば次第に相手の心境も変わってくる可能性があります。

また、挨拶する際は「笑顔」も忘れずに。無愛想な人より笑顔の人の方が、周りに良い印象を与えますよ。

3:謙虚な態度で接する

人によって態度を変える人や、傲慢な人は周囲に不快感を与えてしまいます。誰にでも謙虚な姿勢を意識して接してみましょう。

相手のいい所を褒めたり、自分の自慢話は言わないようにしたりする。自分に対して謙虚に接してくれる人を嫌うような人はいません。

また、これは周りの嫉妬からくる孤立に特に効果的です。嫉妬されていると感じる相手に対してにも謙虚な姿勢をとることで、相手の嫉妬心も解消するでしょう。

 

まとめ:職場で孤立してしまったらまずは自分から行動しよう!

今回は、職場で孤立してしまう人の特徴や孤立するメリット・デメリット、そして孤立してしまった時の対処法について紹介しました。

孤立してしまう原因は人それぞれ。対処して解決できるのであれば問題はありませんが、どうしても辛い場合は思い切って今の職場を退職するのも一つの手です。

どちらにせよ孤立してしまっている状況を抜け出すには、まずは自分から行動を起こす事が大切です。自分が変わらなければ、状況はずっと変わることはないでしょう。

この記事を読み、自分に合った方法を実践し、快適な職場環境を作れるようになることを心から祈っております。

アゲウン心理テスト