レイナ里亜の「2021年動向」と「ラッキーアクション」

昨年12月下旬にみずがめ座で「木星」と「土星」の<グレートコンジャンクション>という現象が起こり、2021年は稀にみる年となるでしょう。

<グレートコンジャンクション>とは約20年に1度、世の中の流れを司る「木星」と「土星」が<0度>を形成し「同じ星座で重なる」ことです。

また、これまでの200年間ずっと、<おうし座・おとめ座・やぎ座>の「地のサイン」で発生していましたが、今後は、今回を起点として約200年間、<ふたご座・てんびん座・みずがめ座>の「風のサイン」で起こります。

その皮切りが<みずがめ座>ですが、それはどういう状態になるかというと、

世界がよりフラットに、そして自由に、と価値観が大きく変わっていく可能性が高くなると考えられます。また、IT時代の発達は人々にとって一層の便利さをもたらし、自由な時間が拡大していく傾向です。

例えば、車などモノや時間のシェアなどは当たり前になってくるかのしれませんね。なお、どの世代も、節約や無駄をなくす意識が高まりそうです。

 

情報という形の見えない発達という意味と同じで、精神、心にもスポットが当たりそうです。それは、うお座の位置に「海王星」という天体が引き続き運行することで考えられるでしょう。西洋占星術上、「海王星」は「うお座の守護星」であり、この運行は164年に1度しかありません。つまり「海王星」は今、ホームグラウンド=実家に戻っていて最高にパワーアップしているということなのです。「海王星」の象徴は神秘性、精神性です。その関心や問題は、より深まっていくことでしょう。この相はあと数年続きます。

 

また、破壊と再生の星「冥王星」も、引き続きやぎ座を運行している状態。の相が終わるあと約3年、世界的に、国家や政界において大きなどんでん返しが起こる可能性があります。私の考えでは、香港情勢は大注目。代表の林鄭月娥氏はおうし座です。2021年は新たな香港事情で沈思することが生じると思っています。粘り強く良い方向へ行くよう進めていってほしいものです。

 

コロナウイルスのような世の中の在り方を変えてしまった出来事も沈静化までにそのぐらいかかるかもしれませんね。月ごとで言えば2月・6月・12月も十分注意が必要でしょう。

 

一方で、ファッションは中世的な、ユニセックスファッションが注目されそうです。

女性ならば、メンズライク、あるいはスポーティな帽子や、シンプルなジャケットにバッジ、男性ならば、赤やピンクなど暖色系のカラーを着るのも良いでしょう。男性が指輪やネックレスなどアクセサリーを身に着けるのもオススメです。

金銭関係は先に述べた通り、形として見えない、キャッシュレス化が進むといえます。

 

2021年の総合的な開運アクションは、

誰も試したことのないような珍しいことにトライしてみること。

例えば、あり得ない食材を組み合わせて調理してみるなど、身近な場所でできることでOKです。「これは誰もやってないでしょう?」というものに是非トライしてみてください。

 

 

12星座別「ラッキーを手中にするには?」

<おひつじ座>

個性・クセの強い人とお友達になりましょう。それは同性でも異性でもOK。その人が凝っている趣味があれば、あなたも一度誘ってもらいましょう。意外と開眼するかもしれません。

 

<おうし座>

滅多にない変化運真っただ中のあなた。今年は仕事等で、思いもよらぬ出来事に見舞われるかもしれません。イザという時のために体力や貯蓄はしっかり備えておきたいもの。

 

<ふたご座>

久々に快感度が高い年!恋愛・結婚を考えているのなら決め時です。今ならスムーズにぴったりの相手とゴールイン出来そう。ただし、5月から7月は浮かれ過ぎに注意して。

 

<かに座>

昨年までの苦労が終わり心なしか軽やかな年。ここでさらに運をアップさせたいならボランティア精神をもつことです。周囲へ常に感謝し、協力を惜しまないことが大切。

 

<しし座>

パートナー運に何か起こりそう。既に相手がいるのならその人のリードに委ねることで運が向いてくるでしょう。フリーなら積極的に相手を探して。それは愛情・仕事両方あり!

 

<おとめ座>

自分より若い世代や後輩とのおつきあいを意識的に増やしてみると吉。また、降りかかる路線変更は結果的にあなたを良い方向へと導いてくれます。信じて応じていきましょう。

 

<てんびん座>

大きな希望の到来です。昨年の苦しみがウソのよう…。新しい人間関係はやりがいと楽しさをもたらしてくれるはず。今後、長く深くつきあっていける人も訪れるでしょう。

 

<さそり座>

身内や家族のことで大きな役割を担うことになりそう。あなたの発言や行動は責任が重くなるでしょう。難しい状況を打破したいのであればボランティア活動がオススメ。

 

<いて座>

好奇心とマルチタスクが幸運キャッチのポイント! 情報収集もこまめに行いましょう。それは浅くてかまいません。頼まれ事や趣味は「とにかく早く実行」をモットーに!

 

<やぎ座>

昨年得た大切な物事や人間関係を今年はさらに深めることがオススメ。時間や手間を惜しまず繰り返すことを厭わないことが大切です。「変わるチャンス」も思いきって乗って!

 

<みずがめ座>

最高の当たり年と言えるでしょう。今までの努力が報われて大収穫を得るチャンス。今回は目上の人や長いおつきあいの人も力を貸してくれそう。信頼に応えることがカギ。

 

<うお座>

大事な準備期間にしましょう。来年には大きな飛躍が待っています。無駄・不要な物事や関わりを手放すことがポイント。ただし、信仰心や周囲への慈しみは忘れないように。

 

レイナ里亜が考察する2021年、世界の政治家の運命

ふたご座のロシア・プーチン大統領、中国・習近平国家主席⇒飛ぶ鳥落とす勢いかも。

さそり座のアメリカ・バイデン大統領⇒難題や厳しいことに巻き込まれやすく油断出来ず。

いて座の日本・菅総理とフランス・マクロン大統領⇒ネットワークの強化で苦難も乗り切れる傾向。

やぎ座の北朝鮮・金正恩国家主席⇒昨年のひきこもりを抱えたままマイペース固持が◎。

おとめ座のインド・モディ首相⇒発展途上国とのおつきあいが良い気づきをもたらす。

 

※補足:2021年の天体の動き

・2月・6月・12月にみずがめ座の土星とおうし座の天王星が90度を形成。

・4月下旬からのやぎ座の冥王星逆行をはじめとして、次々と天体が逆行を開始。

最高は9月下旬の水星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の6天体の逆行。

・木星は1月1日から5月13日までみずがめ座を運行。

5月14日から7月28日までうお座を運行。

7月29日から12月31日までみずがめ座を運行。

・土星は年間通してみずがめ座を運行。約30年ぶり。

・天王星はおうし座を引き続き運行中。

・海王星はうお座を引き続き運行中。

・冥王星はやぎ座を引き続き運行中。

・2020年12月22日、みずがめ座で木星と土星が0度を形成。

風のサインのグレートコンジャンクション。今後200年間続く新しい傾向。

アゲウン心理テスト