旧暦:十六日

卯月

次の新月は6月3日です。
月星座:いて座

マヤ暦:KIN207 / 青い 水晶の 手
あらゆる作業に自ら積極的に関わろうとする日。でしゃばりかと思っても、どれだけ関われたかで、満足感を感じます。

「藤本ゆり」タグの記事一覧

「お礼参り(御礼参り)」とは・・・

Yamasha181026057_TP_V

「御礼参り(お礼参り)」   神様が私たちの願いを聞いてくださったことに、感謝することを「御礼参り(・・・

聖地との響き合い(13)禊ぎ、新たないのちで満ちる

_M4E1877_small

  12月は冬至、今年最後の新月、そして大晦日という節目があります。 節目とは、あちらとこちらの境目・・・

聖地との響き合い(12)天狗様の教えは、ゆるやかに、丁寧に。

  この秋、今までとは違う空気を感じていませんか? 環境も世間も、まだまだ変化が続きそうです。 神出・・・

聖地との響き合い(11)~縄文から今につながるポータル~

  もうすぐお盆ですね。 「お盆」は、祖先の霊をまつる行事。 わたしがここにいるのは、先祖からの血脈・・・

聖地との響き合い(9)~生きるという美しさ~

  春の景色といえば、やはり「桜」。 今回は日本三大桜のひとつである、「山高神代桜」を愛でに山梨県北・・・

聖地との響き合い(8)~思考を超えて新たな世界へ~

    今年は1月5日~26日までの水星逆行と、1月18日~2月3日までの冬土用が重なりま・・・

聖地との響き合い(5)~人生の主役は自分~

真夏といえば、力強く輝く太陽の季節。 そして8月の新月は、太陽を守護星にもつ獅子座の新月です。   流れが早い・・・

聖地との響き合い(3)~自分の思いを言霊(ことだま)に乗せて。【事任八幡宮】

春は伸びやかで輝く生命力を感じる季節。 春分からエネルギーが変わり、「これから」へ期待に胸が膨らんできます。 ・・・

サブコンテンツ

TOPへ