蠍座占い師による、蠍座だけのための今月運勢

同じ星座を持つ蒼月紫野先生が、蠍座さんだけのための月の運勢を執筆!
この星を持っているからこそわかるあるある話、あるいは成功&失敗話を含め、その月のキーワード、ラッキーアクションまであらゆる角度から毎月の運勢を大いに語っていただきます。
「今月はどう過ごしていこう…?」と、きっと蠍座の占い師は自分で占ってアクションしているはず…。
それは、蠍座さんのあなたにとっても参考にならないはずがない!

 

 

11/10の「十日夜の月」、あるいは「三の月」を忘れずに鑑賞しておきましょう。とはいっても、実はお月見がメインの行事ではありません。

東日本で多く行われている行事の「十日夜」は、その年の稲の収穫に感謝し、田んぼの神様に餅などを供え、来年の豊作を祈るものです。簡潔に言えば収穫祭ですね。

西日本ですと「亥の子」という行事となっています。内容は、収穫に感謝し来年の豊作を祈るもので、場合により無病息災や子孫繁栄などを願うようです。

ご自身の地域にあわせて楽しんでみましょう。

 

 

【今月の雰囲気】

体調管理に気をつけましょう。具体的には、衣服を天候にあわせてすぐ調節できるようにしておくのがポイント。羽織るものやひざ掛けなどは欠かせませんね。風邪を引きやすい暗示があるので、健康運はやや注意が必要です。自己管理も仕事のうちですから、しっかり気を引き締めておきましょうね。また真実を見抜くことを意識しておきましょう。現実と想像は違うということも頭の片隅に置くことです。

 

【全体運】

蠍座さん達は、コレクター気質で溜める事を好む人が多めです。好きなものに囲まれていたい、何でも近くに置いておきたいという気持ちが頼り強い星座です。ですが今月はやむを得ず、何か手放したりしなければならない局面がでてくるかもしれませんとはいえ、その代わりに何か違うものをちゃんと入手しているのだと言うことを忘れないで下さい。将来の蠍座さんに役に立つアイテムなり人脈なり、色々得ることができるでしょう。

 

【仕事・金運】

仕事運はやりがいや楽しさを見いだしそうです。蠍座さん達は、丁寧に誰かに教えることが上手な人か多いので、何かを教えるときは自然にその人にあわせて教えていることが多いでしょう。縁の下の力持ち的な役割になる今月ですが、相手の足りない部分はまだ指摘しないで目をつぶっておいた方が賢明です。そっと寄り添い、相手の成長速度に合わせてフォローをしましょう

金運はゆとりがあるようですが、つだけ注意するとすれば、ズバリ運用などの「うまい話」です。して相手の話術にのらず、お断りをしてください。自分の財産をしっかり守り抜くのです信頼できない相手が近付いてきそうな暗示もあるので、お金があるということは伏せておいて、決して話さないようにしましょう。詐欺などの電話やメールなどにも気をつけてくださいね。

 

【恋愛運】

シングルの方は、噂話に気をつけてください。相手や自分の過去の恋愛に関する話がどこからともなく流れてくるかもしれません。内容により相手の方の噂が気になるなら、本当かどうか確かめた方がいいですが、自分の事は言われても困らない程度であれば見守る姿勢でいいでしょう。堂々とし、言わせたいものには言わせておこうでOKです。

パートナーがいる方は、意外な相手の部分に気が付いて、既婚者の方は「あら、面白い部分があったのね……」と思い直すことがあるでしょう。ですがもし、未婚の方の場合でその部分が耐えられないレベルのものならしばらく様子をみて、結婚しても大丈夫かどうか考えてください。

 

執筆・監修/蒼月紫野(蠍座)

アゲウン心理テスト