2017年5月24日(Wed)

今日の運勢
(1位:おとめ座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:おうし座)


すべて見る

旧暦:二十九日

卯月

次の新月は7月4日です

月星座:おうし座

マヤ暦:KIN260 / 黄色い 宇宙の 太陽
終わりが始まりを示し、死が誕生を示すこと、その原理を自らに照らし合わせて考える日。あらゆる変化を受け止めて。

聖地との響き合い(8)~思考を超えて新たな世界へ~


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今年は1月5日~26日までの水星逆行と、1月18日~2月3日までの冬土用が重なりました。

精神面に不調が出たり、考え直すこと、整理しなければならないことが出てきたり、身体的にきつさを感じられた方も多かったのではないでしょうか。

 

私たちは節目という言葉をよく使いますが、ものごとには必ず、区切りや転機があります。

続いていくように見えるようなものごとでも、区切りのとき、仕切りなおしのときはやってきます。

 

立春とは24節季のひとつで、節分の翌日から雨水までの期間(2月4日~18日)を指しています

前年の締めくくりである節分、新しい年の始まりである立春。

エネルギーシフトともいえるような、大きな節目になるような予感がします。

 

2月8日は立春を迎えての初めての新月、旧暦ではお正月です。

それは曇りのない澄み渡った、神々のいらっしゃる世界というイメージ。

そこで、霊山戸隠山の麓にある、戸隠神社の奥社に向かいました。

この時期の戸隠は、真っ白な雪に包まれた白銀の世界です。

蕎麦屋や宿坊の並ぶ中社を過ぎ、奥社参道の入り口へ来ると人の気配が消え、一気に別の世界へ引き込まれます。

ここから奥社まで、戸隠古道の参道を2kmほど歩きます。

参道の中間地点には山門「随神門」が建ち、そこから先は樹齢400年の巨杉が両脇にそびえ立つ並木道を進みます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

訪れた日は快晴で、太陽が雪化粧をした木立を照らし、一面の銀世界は眩いばかりです。

まっさらな雪をキュッキュッと踏みしめる音。

野鳥の声。

木々から時折、雪がサラサラと落ち陽の光を受けキラキラと光るさま。

光にあふれた、その世界は美しさしかありません。

両脇の巨杉を見上げ、木漏れ日の暖かさを感じて歩くと、嬉しさがこみ上げてきます。

溜まっていた疲れや、古い思考や思い込み、そういったものは歩くごとに一掃されていくかのようでした。

奥社に到着し明るく輝く白い戸隠の山々を眺めていると、驚いたことにさらに喜びと力が湧き上がってくるのです。

山の奥にある奥社は、冬の間、雪で閉ざされています。

その間にこの場は、純白の雪によって浄められ、山の神気をたっぷりと溜め込んでいたのでしょう。

 

戸隠に来るまでは、雪だし寒いし大変だと「頭で考えて」いました。

でも実際に来てみると、光り輝く世界がこうして迎え入れてくれたのです。

思考は時に、私たちの行動を妨げるようなことをささやきます

頭で考えるのではなく、感じること。

水瓶座の新月は、停滞した状況を打破して、新しい可能性を見せてくれます。

慣れ親しんだ世界から未知の世界へ踏み出してみましょう。

春はもう始まっているのですから。

 

 

 

 

*******************************

藤本ゆり

チャネラー。高次の存在、自然からのメッセージを受け取り伝える。

聖地巡礼ツアーや様々なワークショップを積極的に行っている。

近年ヒーリングに気功を取り入れるなど、常に自身を進化させている。

 

写真:井田宗秀 http://ida.viewbook.com

サブコンテンツ

TOPへ