旧暦:二十日

卯月

次の新月は6月3日です。
月星座:やぎ座

マヤ暦:KIN211 / 青い 電気の 猿
次から次へと連想ゲームの様にイメージが溢れてくる日。断片ではなく、連鎖したイメージの意味を感じてみましょう。

古代ドルイドの智恵で占う現代の運勢<1月6日から次の新月まで>


The_Frog

今月期のカード:Frog

今月期は、部屋だけでなく、自分の心の重荷を整理して、不必要なものを手放し、次の段階に上がる準備をする時期です。自分の心の中のネガティブな記憶や想念を手放すことによって、より大きく飛躍できるようになります。

Frog は、まず自分の部屋を整理整頓して、余計なものを捨てて身軽になることを求めています。なぜなら、自分の部屋は、自分の心の状態の反映でもあるからです。なので、年末の大掃除にあまり時間をかけられなかった方は、いまからでもかまいませんので、整理整頓しましょう。また、大掃除で部屋をきれいにした方は、もっと綺麗に整理できないか、考えてみてください。

部屋の整理が終ると、Frog は、次に自分自身の心の中にあるネガティブな記憶や想念の整理をすることを求めています。

誰の心の中にも、辛かったときの記憶や、絶対に許せないことなどがあると思います。Frog はそれらを全部捨てなさいと言うわけではありません。辛かった記憶は忘れることが困難ですし、許せない事柄は簡単に手放せるものではありません。

ただ、どんなに辛くて、許せないことがらでも、時間をかけて自分自身のなかで折り合いを付けていくことは不可能ではありません。まだ子供であったので、受け入れる以外になかったり、若かったので、対処の方法が分からなかったり、大人になってから、無茶だと分かっていてもやらざるを得なかった事柄など、人生には不条理がたくさんあります。

なので、相手を許す必要は必ずしもありませんが、自分を責めるのではなく、そのときの自分にはそれしかなできかったと考えることで、少しでも自分の重荷を軽くすることはできるのではないかと Frog は語りかけています。

辛いこと、許せないとことの折り合いが、自分のなかで少しでもついてくると、その重荷を軽くすることもまた可能になります。ひとつの方法としては、自分のなかで、「この問題については、もう悩まない」と意図することです。最初の頃はあまり効果はないかもしれませんが、何度も行ううちに、少しづつ楽になってくるでしょう。

もうひとつの方法は、かなりスピリチュアルではありますが、大天使ミカエルにお願いして、自分のなかにあるネガティブな考えや記憶などを取り除くようお祈りすることです。大天使ミカエルは、その人の宗教や人種に関係なく祈りを聞き届けて、素早くそれを実行してくれるでしょう。こちらの方法についても、一回だけで終るのではなく、何度も繰り返して祈ることで、徐々に気持が軽くなっていくでしょう。

あなたの目の前には、次のステップへと進む道が待っています。どうか心を軽くして、次のステップに進みやすくなるようにしてください。

 

 

 

*********************************************************************

久須木謙  久須木謙
スピリチュアリスト、翻訳家、占い師。
久須木謙(くすき けん)

幼少期から産土神や氏神さまと遊んでいました。今ではそれが神様だと分かりますが、当時は親しい友達だと思っていました。神秘体験はその後も続き、現在に至っています。最近は、チャネリング関係の記事を書いたり、占いをしたりしています。また、ドルフィンスターテンプルミステリースクールの国際認定ヒーラーでもあるので、Skypeを用いたスピリチュアルセッションも好評をいただいております。

ホームページ: http://www.camphortree.jp/jp/

サブコンテンツ

TOPへ