2017年11月24日(Fri)

今日の運勢
(1位:おうし座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:さそり座)


すべて見る

旧暦:七日

神無月

次の新月は7月4日です

月星座:やぎ座

マヤ暦:KIN185 / 黄色い 月の 戦士
人間関係をひろげていく日。人との付き合い、関わりの中で、あなたは目覚めを感じることがあるでしょう。

聖地との響き合い(3)~自分の思いを言霊(ことだま)に乗せて。【事任八幡宮】


_I4A8595_small

春は伸びやかで輝く生命力を感じる季節。

春分からエネルギーが変わり、「これから」へ期待に胸が膨らんできます。

4月19日の新月は牡羊座の新月。

牡羊座は12星座で一番初めの星座。

どちらも、スタートのエネルギーです。

新学期、年度が改まるこの季節、願いを言葉に出してみる。

言葉を発することで、バイブレーションを生み出し、「こと」のきっかけを生み出しましょう!

 

 

事任八幡宮は、言霊の神様をお祀りする神社です。

掛川の、のどかな場所にある神社ですが、清少納言「枕草子」にも書かれ、平安時代の古からも、その名は都にまで伝わっていたようです。

ご祭神は己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)。

「こと」とは「事」「言」、「まち」とは「真知」のことでもあり、真(まこと)の道を示し、言の葉で事を取り結ぶ働きを持たれる神とされています。

 

 

悠々と枝を伸ばす楠の大木や大杉のご神木のある境内は、ゆるやかで気持ちのいいエネルギーに溢れています。

境内の樹木に触れていると、大らかに伸び行く、そんなエネルギーを感じます。

 

言霊を発して、お願い事をするなら、必ず訪れたいのは奥社。

道を挟んで向かい側の「本宮山」には、奥宮(本宮)があり、言葉を形にしてくれる神様が鎮座していらっしゃいます。

本宮山の山道の参道を登ることおよそ10分、お山の森の中にひっそりと「言霊の社」が現れます。

 

お社の下には白い石が敷き詰められおり、こう書かれています。

 

「最初の石は神様のため、ふたつめの石はみんなのため。みっつめは自分のために、磨きます。」

「あなたの言の葉で神様とつながってください。神様は、事で真の道をお示しくださいます。」

「神様にお喜びいただき、神様とつながり、あなたの願い事が、神様の御心にかないますように。」

 

 

白い石を3つ選んで白い紙で(拭く=福とをかけて)ふきます。

石を磨くときにふと、これは玉(たましい)磨きなのだなと感じました。

磨いて願うこと、そのときには、心からの願いになっているはずです。

そして、願いを声に出すことで、そこから確実に振動を生み出します。

 

この場所を取材しているとき、こんなことがありました。

私たちの目の前にカモシカが現れたのです。

願いを言葉にして、「見守られてるし、なんか行ける気がするぞ!」と思ったとき、神使いさんが現れてくれるなんて、御心に通じたようで嬉しくなります。
_I4A8679_small (1)

本宮山の中にいると、真の道を表す神様のエネルギーに共振し、素直な自分の願いに気づきます。

自分から放たれた願いの言葉の振動(言霊)は、言葉を形にしてくださる神様の働きで、あるとき「こと」を成すでしょう。

言の葉は言霊、エネルギーを持っています。

願いを言葉にする。発動の春。

発することから、始めてみませんか?

***************************
藤本ゆり
チャネラー。高次の存在、自然からのメッセージを受け取り伝える。
聖地巡礼ツアーや様々なワークショップを積極的に行っている。
近年ヒーリングに気功を取り入れるなど、常に自身を進化させている。
写真:井田宗秀 http://ida.viewbook.com
サブコンテンツ

TOPへ