旧暦:十五日

弥生

次の新月は5月5日です。
月星座:てんびん座

マヤ暦:KIN176 / 黄色い 共振の 戦士
直感的に、自分が正しいと思うことを発言し、行動する日。何が、正しいのか分らない場合は、自分の良心に問いかけて。

天秤座満月コラム 『星とアロマのセルフケア』


teateya-mangetu-201903

こんにちは!ホロスコープセラピストのてあてや cokiuです。

3月21日の天秤座満月の星回りとセルフケアについてお伝えしていきます。

 

今回の満月は春分の日と同日。

この日は宇宙元旦と呼ばれ、占星術上の1年の始まりと言われています。

つまり『新しい始まり』へと繋がる、節目の時間。

 

とにかく”新しいスタートを切るぞ!”というエネルギーがとても強く

まだ見ぬ未知への挑戦が、この1年のテーマになってくるでしょう。

 

特に自分を取り巻く関係性ー家族もしくは社会生活における役割を

再リニューアルをしていくとき。

『他者にお披露目していきたい自分』を、今一度確認すると良いでしょう。

 

私たちは、今まで生きて来た過程の中で、自分という『個』の存在が作られていきます。

『私はこういう存在である』というイメージは、誰しも少なからず持っていると思いますが

もしあなたが、今置かれている状況に対し、何かしらの停滞感を感じている場合は

これらの認識と立場をリニューアルしていく必要があるでしょう。

 

”本当は、私こういう生き方をしたい!”

”こういうものに触れているときにわくわくする!”

・・など

誰に言われているわけでもなく

自分の内側に”熱”を感じられること。

それらを基準に、『自分という存在』をもう一度問い直してみましょう。

 

新しい一年の始まり。

あなたはこの先の未来にどんな自分を創造していきますか?

 

《天秤座満月のおすすめのセルフケア》

 

春分までは長いデトックスの期間でした。

ここからは、新しいものを取り入れて、自分の身にしていく時間です。

天秤座は、腎臓や皮膚の表面に関連があると言われています。

 

腎臓は、血液をろ過し、体に必要なものとそうでないものを仕分け

体液や成分のバランスを保つ働きがあります。

浄化がスムーズに行われた血液は、全身を巡り、美しい肌を保つ要素となります。

 

また、腎臓は”恐れ”が溜まる場所とも言われています。

働きが低下すると、様々なことに対して恐れを抱きやすくなるのです。

自分にとって必要なものがわかりにくくなり、本当は不要であるのにも関わらず

その判断がつきにくくなってしまいます。

 

このことから、天秤座の満月は以下のようなことを心がけてみましょう。

 

◆腰を冷やさないようにしましょう。特に足のむくみや足腰のだるさを感じている人は

 血液の循環が低下し、腎臓へ負担がかかっている可能性があります。

 お風呂に入るなどして、1日を疲れをリセットする工夫を取り入れて。

 

◆立ち上がるときや、歩くときに、お尻の穴をキュッと引き締めるようにしましょう。

 自然と背筋が伸び、腎の働きがスムーズになると言われています。

 

 

《天秤座満月のおすすめアロマ》

 

◆ジュニパーベリー

腎臓の働きを強める香り。むくみの改善にもおすすめです。

ドイツなどでは、実を春のデトックスを促すとして食する習慣があるそうです。

 

◆ローズマリー

循環を促進し、体を温める作用があります。

気持ちを前向きにし、行動力を高めてくれます。

 

*************************************

P1580307

てあてや cokiu 夏未

セラピスト・看護師

看護師時代の経験を通し『自分らしい輝きを取り戻すお手伝い』として

ソフトタッチのボディーセラピーであるクラニオセイクラルと

星と香りを組み合わせたアロマ占星術で、オリジナルのセラピーを展開する。

サロンにて個人セッションの他、ワークショップを行う。

ブログ:あたたかな手 http://cokiu.blog.fc2.com

サブコンテンツ

TOPへ