旧暦:二十一日

卯月

次の新月は6月3日です。
月星座:みずがめ座

マヤ暦:KIN212 / 黄色い 自己存在の 人
自分の知恵がどれほどのものかを感じる日。自分や他人に与える影響力がある知恵は、大きなものだと言えます。

金運手相の見方と金運アップの方法


60151399_444635036322951_6188321555911540736_n

 

手相を通じて金運を磨き、理想の人生を手に入れませんか?その具体的な方法を、このコラムでご紹介します。

手相は、誰もが生まれたときから握っている「運命の地図」といわれています。中でも【金運】をあらわす地図がどのようになっているかは、自分が豊かな暮らしと縁が深いのか浅いのかを端的に教えてくれるので、とても氣になりますよね。

そもそも「金運に恵まれている手相」とは、どんな手相を指すのでしょうか?カンタンにいくつかポイントを挙げてみます。

 

 

金運に恵まれているポイント

・やわらかく、温かくて、肉厚な手のひら

・指先が「へら」や「しゃもじ」のように少し広がっている

・爪が円筒型で長くほっそりしている

・手のひらの中央か、薬指の下にホクロがある
※こぶしを握って隠れる位置がベスト。それ以外で突然できたホクロは警告のサインであることも

・金運に関わる線が、ハッキリ、クッキリ刻まれている

・メインの基本線「生命線」「頭脳線」「感情線」「運命線」がすべてハッキリ、クッキリ伸びている

 

 

 

金運アップにおける理想的な手の条件といえば、以上のような点を備えているかどうかですが、すべてを兼ね備えた手相の持ち主はめったに存在しません。

また残念なことですが、明らかに「金運がない手相」があるのも事実です。

・金運に関わる線が切れ切れだったり、線そのものが薄い

・金運に関わる線の途中に「鎖状の線」「輪」があったり「十字」「#字」が重なっている

とはいえ、もし「あ、そうなってる!」という部分を発見しても、ガッカリしなくて大丈夫金運に恵まれた要素を持つ手指に近づけることで、理想の生活、財運に満ちた未来を呼び込むことは可能なのです。では、どのようなことを実行すればいいのでしょうか? まず基本になるのは、血流の良い綺麗な手指をつくること。金運アップのエネルギーをしっかり掴めるよう、さっそく以下のポイントをチェックして実行してみてくださいね。

 

 

金運に恵まれるようになる手相に近づけるポイント

・手を洗う回数を増やす

・爪を清潔に保つ

・ハンドクリームを塗り、手指全体の潤いを補う

・手首を上下左右に曲げたり、指を一本ずつそらしたり、曲げたりとストレッチする

・一方の手の甲と掌を、もう一方の手の指で二本以上使って挟み、マッサージする

・利き手の掌に、もう一方の手の親指で「富」「金」「財」「豊」など金運を上昇させるエネルギーを帯びた文字を書く

・利き手の人差し指、薬指、小指のいずれかにネイルで「白い点」を入れたり「ホワイト」か「ゴールド」のストーンを飾る

 

 

これ以外にも、実は財運アップに繋がる強力な方法が存在します。それは「金運に恵まれる線」を実際に「利き手にペン(肌色)か爪で描く」ということ。望む財をしっかり掴める幸運な手に仕上がり、効果はさらに大きく加速します。

ちなみに、どちらの手に線を描くと良いのでしょうか? 上記のポイントでもさりげなくお伝えしていますが、正解は「利き手の方に描く」です。(両利きの方なら「文字を書くほうの手」を利き手とみなします)右手と左手は利き手がどちらであるかによって、手相の意味合いが逆になります。利き手が右の人の右手相は「現在と未来」をあらわし、左の手相は「過去」をあらわします。左が利き手だという人は、右の手相が「過去」で、左の手相が「現在と未来」になる、というわけです。金運は「現在や未来」に強く関わるので、自分の利き手の状態、シワをよりしっかりチェックするなら「利き手」、「金運に恵まれる線」を描くのも「利き手」のほうがおすすめなのですね。

では、さっそく実行してみましょう。

 

金運アップの線を描いてみよう

 

59999931_2206876082724368_3850165733908545536_n

 

 

Ⓐ利き手の感情線の上から、小指、薬指の付け根に向かって、それぞれ一本ずつ短い線(3センチ以内)を描く

Ⓑ利き手の小指、薬指の付け根から、それぞれ一本ずつ「運命線」に合流するように線を描く

Ⓒ利き手の小指の付け根からすぐ下の位置から「頭脳線」に合流するように線を描く

Ⓓ利き手の小指の下、「感情線」と「頭脳線」の間の位置(小指の付け根から約2センチ下あたり)から頭脳線に向かって線を描き、©の線と合流させる

Ⓔ利き手の薬指の1センチほど下に「*」マークか「★」マークを描く

 

うまく描くコツは、頭の中で太くしっかりとした線を思い描きながら線を引くこと。「起点」と「終点」を意識するとクッキリした線が描けます。

手相はもともと古代インドで発祥したと云われており「幸運をつかむのは手そのものである」「運は天から指に流れ、掌に宿る」という思想が世界に広まり、東西領域においてそれぞれ独自の手相学として発展してきました。現代では脳と手が密接に関係していることは科学が証明しています。手指に金運を上昇させるための情報や想念としての「線を描くこと」で、財や富を得るための行動や発想を自然に脳が生み出し、運命が変化してくるということなのですね。さあ、あなたも仕事運、くじ運なども総合的に上昇させる強い金運上昇ハンド「黄金の手」を育てましょう。

 

 

 

************************

監修:KOKOri.

 

KOKOri.2

フォーチュン・セラピスト。福岡県出身。古今東西の運命学を探究、独自に融合させたアウェアネス・メソッド「フォーチュンセラピー/Star☆Flow星風水」が専門。約12,000名の方を導いてきた”自分の本質を覚醒、過去世レベルから癒し、<最高の自分と築くパートナーシップ>で躍動する運の波に乗る”セッションや継続コンサル、WS等を各地で企画開催する。また、神代文字の祖に縁を持つ言霊研究家として『月刊ageUN』で”コトダマ☆タロット”を連載中。 自著『魂守り(みまもり)コトバ~がんばっている人に効く言葉のおまじない』(世界文化社)『LINE占い』もリリース。

サブコンテンツ

TOPへ