山羊座新月(部分日蝕) 星とアロマのセルフケア

1月6日の山羊座新月の星回りとアロマのセルフケアについてお話ししていきます。

今回の新月は部分日蝕を伴っており

約半年程度、私たちの精神に深い影響を及ぼすと言われています。

今までの自分の価値観をひっくり返されるようなことも考えられます。

日蝕とは、月・太陽・地球が一直線上に並んだ時

月が太陽を隠すように見える現象です。

太陽は顕在意識、月は潜在意識の象徴。

私たちの意識は、顕在意識が数%、潜在意識が90%以上と言われており

意識的に考えていると思っていることも

潜在意識にあることをベースに選択していると言われています。

そのくらい私たちは普段”無意識”に支配されているのですが

この日蝕の時期は、普段意識できていない自分の内面にあるものが

ピックアップされるような出来事があるかもしれません。

けれど、これは決して恐れることではなく

いつもとは違う自分を知ることで、眠っていた新しい可能性を発見する、ということなのです。

もし戸惑うような出来事に遭遇しても、自分の可能性が広がる出来事と捉えましょう。

この新月の後、逆行天体がなくなり、全ての天体が順行となります。

順行の期間は、いろんな物事がスムーズに運びやすいのです。

人生プランを立てたり、キャリアの見直しをする。目標を立て直してみましょう。

山羊座は、計画・行動の星。何か長期的な計画を立てるには良い時期です。

新年の幕開け。

計画し、前に進むのには絶好のタイミングです。

*山羊座新月のセルフケア

山羊座は『骨』などの骨格系や『皮膚』に関連していると言われます。

今回は、この時期荒れやすい皮膚のお話をご紹介します。

なぜ皮膚が荒れるかというと

1:低い気温にさらされることより、細い血管への血流が滞り

  皮膚の回復力や弾力性が弱まること

2:湿度が少なく、皮膚を保護しているバリアの機能が乾燥し、低下しやすいこと

などが挙げられます。

皮膚は、私たちの外と内の環境を隔てる役割を持っています。

この隔たりに傷がつくと、痛みを伴います。

また、皮膚は対外的な関係の中で、一番表に見える場所なので

人間関係での悩みがある時に、荒れやすいとも言われています。

健康的で美しい肌を守るために大切なことは

保温、保湿。そしてできるだけ体を動かして熱を作ることです。

お湯を使うと体が温まりますが、肌から水分が蒸発し、乾燥するのが早いので

お風呂上がりなどは、早めの保湿を心がけましょう。

少し肌に水分が残った状態で保湿するのも良いです。

皮膚を守ることは、自分の外と内の世界を上手に隔て、守ることにつながります。

*山羊座新月のおすすめアロマ

ベチバー

スモーキーで湿気を帯びた香りは、心を深く沈み込ませ、落ち着けてくれます。

グラウンディングさせ、現実的な考えを促してくれます。

サンダルウッド

アジアの宗教儀式に欠かすことのできない崇高な香り。

精神と魂の浄化を促してくれるので、内省したい時に。

*************************************

P1580307  てあてや cokiu 夏未

セラピスト・看護師

看護師時代の経験を通し『自分らしい輝きを取り戻すお手伝い』として

ソフトタッチのボディーセラピーであるクラニオセイクラルと

星と香りを組み合わせたアロマ占星術で、オリジナルのセラピーを展開する。

サロンにて個人セッションの他、ワークショップを行う。

ブログ:あたたかな手 http://cokiu.blog.fc2.com

アゲウン心理テスト

12星座別の運勢