旧暦:十六日

卯月

次の新月は6月3日です。
月星座:いて座

マヤ暦:KIN207 / 青い 水晶の 手
あらゆる作業に自ら積極的に関わろうとする日。でしゃばりかと思っても、どれだけ関われたかで、満足感を感じます。

乙女座満月コラム 『星とアロマのセルフケア』


teateya-manngetukoramu-20190220

こんにちは!ホロスコープセラピストのてあてや cokiuです。

2月20日の乙女座満月の星回りとセルフケアについてお話ししていきます。

 

今回の月は、地球に近づくため『スーパームーン』と呼ばれ

普段よりも、大きく、美しい輝きを放ちます。

このことから、月の象徴である私たちの『潜在意識』に

いつも以上にスポットライトが当たり、大きな気づきや発見があるかもしれません。

 

特に月が乙女座にあり、太陽が魚座にある今回の満月は

元々『浄化』する力が強いと言われています。

心や体のデトックス期間ともいえるでしょう。

 

今回の乙女座満月のテーマは

他者と『比較』『観察』することを通し、視野を広げること。

自分と全く質の違う人と出会ったとき

私たちはつい、相手を否定したり、拒否してしまいがちですが

それだけで終わってしまっては『分離』が生まれるだけ。

けれど、ここで終わらせてしまってはもったいない。

 

できるだけ、相手の考えや行動する背景に目を向けることで

目の前の現象に対する見方は大きく変わってきます。

いつもだったら『ここまで』と決めていた枠を外してみることで、

別の世界がひらけ、おおらかに世界を捉えることができるのです。

 

特にこの時期は、異業種との交流、いつもだったら行かない場所に足を運んだり

本を読むことで知らない世界を知る、ということもおすすめです。

 

私たちの視野が広がった時

世界は私たちが想像しているよりも、多様性に富み

はるかにいろんな可能性に満ちていることを実感できるでしょう。

 

<乙女座満月おすすめのセルフケア>

乙女座満月は、心身のデトックスが促される時期です。

特にこの満月から次の新月にかけては

欠けていく月のフェーズに入っていくので

『排出する』力はなおさら強くなるでしょう。

 

乙女座は『腸』と関連していると言われています。

主に小腸では、体に必要な栄養を吸収し

大腸では、必要のないものを排出する働きがあります。

 

また、食べ物だけでなく

感情をため込んだり、部屋にものをため込んでも

腸に影響があると言われています。

自分にとって、必要なものとそうでないものが曖昧になると

これらの機能にも支障をきたしやすいのです。

 

このことから、今回の満月では次のアクションを取り入れてみましょう。

 

●小さな断食を取り入れてみる。

食事をいつもより消化の良いものに変えるだけでも

腸にかかる負担は減らせます。

 

●お部屋の整理、断捨離をする。

今使わないもの、必要のないものは捨てましょう。

”いつか”使うものは、使い機会は訪れません。

 

この時期は、自分が持っているものを分別し

減らす、もしくは整理することで

心身のクリアリングが促されるでしょう。

 

<乙女座満月のおすすめアロマ>

●ラベンダー

インスピレーションを高め、自分にとって大切なものを見出したいときに。

リラックス作用が強いので、就寝前などに香りをかぐのもおすすめです。

●月桃(ゲットウ)

はやる心を落ち着かせ、自分や他者をゆるしたいときに。

攻めてしまう気持ちも受け入れ、流してくれます。

 

*************************************

P1580307

てあてや cokiu 夏未

セラピスト・看護師

看護師時代の経験を通し『自分らしい輝きを取り戻すお手伝い』として

ソフトタッチのボディーセラピーであるクラニオセイクラルと

星と香りを組み合わせたアロマ占星術で、オリジナルのセラピーを展開する。

サロンにて個人セッションの他、ワークショップを行う。

ブログ:あたたかな手 http://cokiu.blog.fc2.com

サブコンテンツ

TOPへ