2018年11月20日(Tue)

今日の運勢
(1位:いて座)


すべて見る

今月の運勢
(1位:さそり座)


すべて見る

旧暦:十三日

神無月

次の新月は12月7日です。
月星座:おひつじ座

マヤ暦:KIN26 / 白い 宇宙の 世界の橋渡し
未知の世界が、手の届くところにあったことに気がつく日。見えないものを見る力があなたの内から湧き出てきます。

『幸せ秋財布 2018』 vol.2 お金と幸せを引き寄せる 《最新版・金運傾向と対策》


42c843c0cdb8c50334513d6be644a479_s

ポイントをしっかり押さえて、実り豊かな秋財布に!!

 

豊かな実りをもたらすという「秋財布」。

もう一度、大事なポイントをおさらいしておきましょう。

 

  • 秋財布の期間は秋分の日から立冬の前日まで。

(2018年は9月23日〜11月6日)

※期間内の吉日に使い始めれば、なおラッキー!

(詳細は前回のコラムを参照)

 

  • お財布は長財布で、素材は本革がベスト。

外見のデザインだけでなく、内側の作りもきちんとチェックして購入を。

 

  • お財布の主賓はあくまでもお金。お金以外のものは極力入れないように。

 

  • 家に帰ってきたら、お財布は専用の保管場所へ。

 

お財布もお金も丁寧に、大切に扱うのが基本。

ぞんざいにしている人は信用も金運も寄り付かないと心して。

 

また、購入後、実際に使い始める前にしておいてほしいことがひとつ。

お金のキープ力、引き寄せ力を高めるために

室内の北の方角で一週間ほど寝かしてあげましょう。

人は寝ている間に方位の気を吸収すると言われますが、

お財布にも暗くて静かな落ち着ける場所が必要。

専用のケースや箱、引き出しなどに入れて保管しましょう。

その際、いつもこれくらいは持っていたいという

希望の金額の新券(新札)を入れておけば、パワーは倍増。

そのお金をそのままお守り代わりの「種銭」にして

使い始めるのもおすすめです。

 

 

知ってトクする! 秋以降の金運とラッキーアドバイス。

 

占星術で金運を司るのは金星。

金星は地球よりも太陽に近い軌道を持つ内惑星で、

時に逆行するものの、星座間の移動は比較的スピーディーです。

また、大きな幸運の流れを読み解くために見るのは木星。

“天のサンタクロース”とも呼ばれ、

発展のパワーを授ける木星の公転周期はおよそ12年。

ひとつの星座を約1年かけて運行し、

その年の総体的な傾向を読み解くにも重用されたため

古代中国では“歳星”との異名を持っていました。

2018年11月、いよいよ木星が蠍座から射手座へ。

さらに、相前後して変革の星・天王星が牡牛座から牡羊座へ逆戻り。

射手座ならではのグローバルな展開や冒険要素が期待できる反面、

経済や貯蓄とも関わりの深い牡牛座から天王星が抜けることで

社会全体の経済活動はもちろん、個々人の価値観や家計にも

何らかの揺り戻しがあるかもしれません。

 

《牡羊座》

いまだ計り知れない、底力を秘めた金運。

何度も窮地に陥っても、どこからか援助してくれる人が現れたり、

一発逆転を狙えるオファーがあったり、不思議と救われそうです。

ただし、それらはあなたの過去の善業があればこそ。

今からでも遅くはありません、人に認められる実績作りを。

☆ラッキーアドバイス

海外でも通用するスキルやライセンスを身につけると

収入アップの方策が見いだせる兆し。

これから話題になりそうな海外ブランドのお財布やバッグを先取りして。

 

《牡牛座》

もともと財力には定評のあるあなたですが、

恋愛やお付き合いのためとなると、お財布の紐は緩みっぱなし。

今秋はそんな自分を省みて、後悔の念に駆られることも。

躍起になって元を取ろうとするより、別の収入源を探しましょう。

以前、立ち消えになった企画や事業を復活させるのは吉。

☆ラッキーアドバイス

落としたお財布が戻ってきたり、失くしたお金が出てきたら、

ツキが巡ってきている証拠。

11月以降は本命より穴狙いで行くのもアリ。

 

《双子座》

踏み外しの心配はまず無い、堅実路線を進行中。

いつもは飽きっぽいあなたも、せっせとルーティンワークに励み、

その中にやり甲斐や楽しみを見いだせるでしょう。

よほどのアクシデントがない限り、貯蓄も順調。

ただ、11月以降は慣れないことに手を出して大損しがち。要注意です。

☆ラッキーアドバイス

スケジュール管理はデキる大人の基本中の基本。

秋財布を新調した際、お揃いのスケジュール帳やカバー、

カードケースなどを購入すると、仕事運にも弾みがつきます。

 

《蟹座》

ゴージャスムードに翳りが見え始めます。

相変わらず合コンやパーティーへは引く手あまた・・ですが、

羽を伸ばしすぎたツケがそろそろ回ってくるよう。

10月いっぱいは金運にも余力があるものの、

その後は気持ちとライフスタイルを切り替えるべき。

☆ラッキーアドバイス

デコラティブよりシンプル、流行より定番。

お財布に限らず、バッグや洋服、インテリアなども

ベーシックなものが運気安定の鍵に。

 

《獅子座》

V字回復は確約できないものの、

底まで落ちたら、あとは上がるだけ。

真っ暗闇だった金運にようやく明るい前途が開けてきました。

11月上旬にはリベンジチャンスの第一弾が巡ってくる兆し。

それまではヤケ買いを慎み、ひたすらストイックに。

☆ラッキーアドバイス

祖母、母親、姉、従姉etc… 年上女性から譲られた物が

あなたに勇気と美意識を植えつけます。

お礼にお財布やアクセサリーをプレゼントするのも開運の鍵。

 

《乙女座》

ずっと留めておくより、いかに有効に巡らせるかがポイント。

人脈ネットワークや仕事の幅を広げるためとあれば、

少々予算オーバーしても気前よく出費を。

一時的に金欠に陥っても、必ず望みの形で取り返せます。

秋が深まってきたら、習い事や趣味に使うのも◯。

☆ラッキーアドバイス

コインパースには5円玉を必ず。

金色か黄色のリボンをつけ、使わずに入れておきましょう。

良いご縁とご円の元となってくれるように。

 

《天秤座》

休眠していた金運がそろそろ始動の時を迎えます。

夏からの貯蓄軌道にうまく乗れていたなら、

それなりの元手は準備できているはず。

そうでないなら、今からせっせと節約&貯蓄を。

夢の実現のほか、人付き合いへの投資が未来を開くでしょう。

☆ラッキーアドバイス

得意な習い事が副収入につながる兆し。

また、習い事関連のマスコットやアイテムを持ち歩くと

プレゼント運がアップしそう。

 

《蠍座》

「宵越しの金は持たない」と豪語してきたあなたも、

秋の様相が色濃くなる頃には堅実路線へ舵を切ることに。

ギャンブル関連からはきれいさっぱり手を引いて、

仕事に身を入れ直すのが正解です。

保険の見直しや経済セミナーへの参加も有意義。

☆ラッキーアドバイス

長財布と小銭入れのW使いは最強。

二つを持ち歩くのは面倒かもしれませんが、

節約上手&やりくり上手になる第一歩と考えて。

 

《射手座》

迷える子羊の前に、救世主ならぬ頼れるスポンサーが!

そう、11月初旬、あなたの守護星にしてラッキースター、

木星が12年ぶりに戻ってくるのです。

それまでは金銭トラブルに見舞われることも多いでしょうが、

すべてが学習経験となってその後に活かされるはず。

☆ラッキーアドバイス

ボランティア活動がラッキーアクション。

募金のほか、損得抜きで人の仕事を手伝ったり、

困っている人を助けてあげるほどに運は蓄積されていきます。

 

《山羊座》

一度、贅沢する楽しみを知ってしまうと、

なかなか地味な生活には戻れません。

今秋は意識、態度、金銭感覚、すべてを大改革するつもりで。

金運がじわじわとシビアになってくる11月までに

各種の料金プランや支払い方法の見直し、断捨離の決行を。

☆ラッキーアドバイス

一点ものにツキあり。

好みの色、好みの素材でオーダーメードしたお財布やバッグは

金運のほかアピール力も高めてくれそう。

 

《水瓶座》

逆境期にあっても、持ち前の独創性とシャープさは健在。

10月には新天地へ向けての活路を見出し、

新たな資金源、資金作りの手法もゲットできそうです。

ショップのポイント、マイルなども工夫次第で

思いのほか貯めることができる暗示。

☆ラッキーアドバイス

古いものを新しく・・が開運テーマ。

伝統的な技法で作られた逸品を、あなたらしくアレンジしたり

リメークすることでツキが巡ってくるでしょう。

 

《魚座》

ひときわリッチな星回り。

実りの秋の恩恵を一身に受けることができます。・・が、

秋はやがて冬へと移ろっていくもの。

余裕があるうちにしっかり備えて、

身も心も、お財布も、寒さ知らずで過ごしたいところです。

☆ラッキーアドバイス

お世話になった人にはお礼のメッセージを忘れずに。

恩師や上司、取引先の担当者などに直筆の礼状を送れば、

引き立て運だけでなく、運気全体の底上げを図れそう。

 

*************************************

占星エッセイスト みつみゆう

出版社勤務を経てフリーランスのコピーライターに。本業である広告文案・取材記事と並行して西洋占星術テキストをはじめ、暦や風水のエッセイ、自らも行っているお水取り(祐気取り)の旅行記など様々な原稿を手掛ける。また、和物好きが高じて着付け免許を取得。着物コーディネーターの視点から開運ファッションの提案も行っている。

みつみゆうblog ~幸せ、さがそ。幸せ、さかそ。 http://blog.livedoor.jp/myu_office/

プロフィール用写真(和装)

サブコンテンツ

TOPへ