「未読スルーされて1週間経っている…」相手の心理や対処法5つ・予防法3つをご紹介!

あなたは、意中の相手から1週間以上も未読スルーをされたことがありますか。

「ついこの間まであんなに頻繁に連絡を取り合っていたのに」
「もしかしたら自分以外の人と付き合い始めたのかも…」

上記のように1週間も未読スルーされると相手の心理が分からなくなり、疑心暗鬼になってしまいますよね。

そこで今回は、1週間未読スルーする人間の心理対処法・予防法をご紹介します。

この記事を読めば未読スルーされる理由について理解でき、その状況を打開するために、具体的に「何をすればいいのか」が明確になります。

恋のお悩みを解決して、新たな一歩を踏み出しましょう。

 

彼氏・彼女が未読スルーを1週間する理由3つ

「この間までにLINEをしていたのに急に返信が無くなった」「SNSなどでログインしていて時間があるはずなのに返信が無い」といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、彼女・彼氏が1週間未読スルーする理由として以下の3つの理由をご紹介します。

  1. 距離を置きたいと思われている
  2. そのまま別れるのが狙い
  3. スマホの故障により連絡が取れない

1つずつ順番に解説していきますので、彼氏・彼女が未読スルーを1週間する理由が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

理由1:距離を置きたいと思われている

長期間付き合っているカップルの中には、「倦怠期」を経験する人がいます。

倦怠期は「マンネリ期間」とも言われ、3か月、半年、1年といったペースで度々訪れます。

この期間には、相手とのやり取りが億劫になり、関係に自信が持てなくなってしまうのです。

このように、彼氏・彼女から1週間返信が無い時には、まず「倦怠期」を疑うと良いでしょう。

理由2:そのまま別れるのが狙い

次に、「倦怠期」を経て、相手への気持ちが無くなってしまう場合があります。

様々な理由が考えられますが、性格の不一致や他の異性に気持ちが移ってしまったなどが、理由として挙げられます。

この場合、相手は別れる口実を作りたいと考えます。

しかし、実際に会って別れ話をするのは気まずいと考え、未読スルーをして自然消滅を狙うのです。

このように、彼氏・彼女からの返信が無い場合には、自然消滅を狙っている可能性があります。

理由3:スマホの故障により連絡が取れない

最後に、スマホやPCなどが故障して1週間連絡が取れない場合があります。

今の時代はスマホやPC上にクラウドデータでデータが保存されている場合もありますが、未だに手持ちのデバイスのみに連絡先などの個人情報を保管している人が多いです。

そのため、相手のスマホが何らかの原因で故障していた場合、「連絡を取りたい」と思っていても、連絡を取れません。

例えば、共通の友人の居ない遠距離恋愛などの場合にこうしたケースが考えられます。

辛抱強く相手を待つことも、未読スルーを解決する方法だと言えるでしょう。

 

片思いしている相手が未読スルーを1週間する理由3つ

次に、片思いしている相手が1週間未読スルーをする理由を紹介していきます。

あなたは出会い系アプリやSNSなどで意中の相手と知り合った経験がありますか。

まだ実際に会っていなくても共通の趣味や話題などで盛り上がり、「この人こそ自分の理想の相手だ!」と一方的に思いを寄せてしまうこともありますよね。

しかし、そんな片思いを寄せている相手と急に連絡が取れなくなってしまう場合があります。

具体的には、以下の3つの理由が挙げられます。

  1. 連絡を取るのが面倒
  2. 仕事で多忙だった
  3. 駆け引きをしている

1つずつ順番に解説していくので、片思いしている人が未読スルーを1週間する理由が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

理由1:連絡を取るのが面倒

あなたは「好きだから」という理由で相手にしつこく連絡したり、長文でメッセージなどを送ったりしてはいませんか。

もしあなたが上記のような行動をしていたとしたら、相手に「面倒だな」と思われて、距離を置かれている可能性があります。

片思いの相手と仲良くするためには、適切な距離感を保ち、相手が求めているテーマを提供するよう心がけましょう。

理由2:仕事で多忙だった

2つ目の理由として、「仕事が多忙だから」という理由で返信が遅くなってしまうことも考えられます。

もし、片思いしている相手から1週間未読スルーされたら、相手が多忙である可能性も考えましょう。

多忙である人間に対して、返信を促したり、頻繁にメッセージを送ったりすることはNGです。

相手のストレスに繋がり、最終的には疎遠になってしまうこともあります。

そのため、相手の仕事事情を考慮したメッセージを送るように心がけましょう。

理由3:駆け引きをしている

もし、片思いしている相手から1週間未読スルーされたら、相手が駆け引きをしている可能性があります。

駆け引きをしている場合、相手はこちらの本気度や反応を見ています。

そのため、根気強く相手を待ったりしつこくならないようにメッセージを送ったりして、自分の気持ちをきちんと表現するように心がけましょう。

 

急に未読スルーを1週間された時の対処法5つ

ここまで記事を読んで、「理由はわかったけど、どう対処すればいいの?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、急に1週間未読スルーされた時の対処法として以下の5つをご紹介します。

  1. 時間を置いてみる
  2. 電話してみる
  3. 過去のメッセージを振り返る
  4. 第三者からメッセージを送る
  5. 相手が返信しやすいメッセージを送る

ただし、相手の考えが不明確な問題なので「この対処法なら間違いない!」というものはありません。

また、前述したように理由も様々なので、対処法は慎重に選ぶようにしましょう。

1つずつ順番に解説していくので、未読スルーを1週間された時の対処法が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:時間を置いてみる

シンプルな方法ですが、時間を置いてみたり距離を取ってみたりすると、自然と元の状態に戻ることがあります。

未読スルーの期間が1週間以上も続くようなら、相手があなたに不満を持っていたり、連絡を取るきっかけが見つかっていなかったりする可能性があります。

そのため、とりあえず1週間を目途に時間を置き、それでも未読スルーが続くようなら連絡を取ってみましょう。

2:電話してみる

未読スルーをする理由の一つに「面倒くさいから」というものがありました。

LINEやメールは便利なコミュニケーションツールですが、相手の表情は見えないため、知らず知らずの内に相手を傷つけてしまっている可能性があります。

その場合は、電話やビデオ通話を行うようにしてください。

相手と会話することで、本当の心の内を知れるでしょう。

また、会話をすることで、喧嘩していた相手と仲直りするきっかけを見つけられることもあります。

3:過去のメッセージを振り返る

人は何の前触れもなく未読スルーしないものです。

相手とのコミュニケーションの中で、意図せず傷つけてしまったり、何らかの意見の相違がきっかけで疎遠になったりしてしまいます。

まずは、連絡が途絶えた前後のメッセージを確認してみましょう。そこに未読スルーをされてしまう原因が隠されているはずです。

そして、「これが疎遠になってしまった原因かもしれない」と思うやり取りを見つけたら、そのことについてメッセージを送ってみましょう。

もしかしたら、何かに気がついて欲しかったために未読スルーをしている可能性があります。

4:第三者からメッセージを送る

どうしても相手と連絡が取れない場合は、共通の知人や友人に連絡を取ってもらいましょう。

なぜなら、あなたの何かしらの行動がきっかけで未読スルーしている可能性があるからです。

その際には、知人や友人にそれとなくあなたのことを聞いてもらうように頼みましょう。

その結果、友人や知人には、あなたのことを未読スルーしている理由を教えてくれる場合があります。

ただし、あからさまに気持ちを聞き出そうとすると、さらに状況が悪化する可能性があるので注意が必要です。

5:相手が返信しやすいメッセージを送る

「返信が欲しいから」感情に任せてメッセージ送ってしまうと、文章が読みにくくなってしまいます。

読みにくい文章や意味が分かりにくい文章は返信されない傾向にあります。

そのため、メッセージを送る際には、簡潔明瞭にメッセージを送るようにしましょう。

また、写真や音声の連続投稿なども避けるようにしてください。

こうした細かい心遣いが、相手との連絡を再び取るためのコツです。

そうすることで、「この人とならメッセージを続けたいな」と思わせられるのです。

 

未読スルーを1週間されないための予防法3つ

ここまで、未読スルーを1週間された時の対処法を紹介してきましたが、そもそも未読スルーを1週間されないことに越したことはありません。

そこでここでは、未読スルーを1週間されないための予防法として以下の3つをご紹介します。

  1. 頻繁にメッセージを送らない
  2. 返信しにくいメッセージは送らない
  3. 自分の意見ばかりを主張しない

一度未読スルーされてしまっては、二度と連絡を取れない可能性もあるので、事前に予防しておくことが重要です。

1つずつ順番に解説していきますので、未読スルーを1週間されないための予防策を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

予防法1:頻繁にメッセージを送らない

1週間の未読スルーを避けるためには、頻繁にメッセージを送らないことが重要です。

なぜなら、頻繁に送ることで「しつこい」と思われてしまう可能性があるからです。

特に、相手の仕事や学校が忙しい時間にメッセージを送ることはNG。

仕事やプライベートで多忙な時間は避けてメッセージを送るようにしましょう。

そうすれば、相手が自分とのやり取りを面倒くさく思うことは少なくなります。

予防法2:返信しにくいメッセージは送らない

返信しにくいメッセージは、できるだけ送らないようにしましょう。

例えば、他人の悪口や仕事の愚痴などは相手を不快にさせる可能性が高いです。

そのため、相手がメッセージを見て興味や関心を持ってくれるような内容を考えてメッセージを送りましょう。

メッセージの内容が思いつかないなら、相手に聞いてみるのも一つの手です。

予防法3:自分の意見ばかりを主張しない

相手に自分の意見を押し付けてばかりいると、関係が疎遠になる原因になります。

自分の意見を主張することよりも、相手の話に耳を傾けるように意識を変えましょう。

相手のことを知ろうという態度を見せれば、相手も自分の話を聞いてくれるようになります。

良い関係を築き、1週間の未読スルーを避けるためにも自分の意見を主張しすぎないようにしましょう。

 

未読スルーが1週間続いた時は脈あり?脈なし?見分け方3つを紹介

ここでは、未読スルーが1週間続いた時は、脈ありか脈なしかをどう見分ければ良いのかをご紹介します。

未読スルーが1週間続いた時に脈ありか脈なしかを判断する方法として以下の3つが挙げられます。

  1. 未読スルーの期間は1週間以内
  2. 未読スルーの期間は1週間以上
  3. 長期間距離を置くと関係が回復する可能性

どうせ辛抱強く待つなら、脈アリの相手に時間を割きたいですよね。

脈ありか脈なしかの基準は未読スルーの期間である程度判断ができます。

1つずつ順番に解説していきますので、未読スルーが1週間続いた時に脈ありか脈なしかの判断について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:未読スルーの期間が1週間以内

未読スルーの期間が1週間以内であれば、まだ脈ありの可能性はあります。

恋の駆け引きとして未読スルーをしている場合や、多忙のため返信ができていないだけという可能性があるからです。

ともあれ、1週間以内の未読スルーならば、それほど深刻に捉えなくても大丈夫でしょう。

2:未読スルーの期間が1週間以上

未読スルーが1週間以上続くようであれば、問題は深刻かもしれません。

なぜなら、駆け引きや多忙であるなら、既に連絡を入れていてもおかしくないからです。

この場合、考えられるのは「倦怠期」か、返信のきっかけを掴めないでいるかの2択です。

前者の「倦怠期」であれば、時間が解決してくれるかもしれませんが、後者の「返信のきっかけが掴めない」場合は、自分から行動を起こす必要があります。

相手のことが諦めきれない場合は、返信しやすく、しつこくないメッセージを送ってみましょう。

3:長期間距離を置くと関係が回復する可能性

脈なしだと思っていても、時間が解決してくれる場合があります。

特に、頻繁に連絡を取り合う関係に疲れてしまう人も中にはいます。

そのような人は急に連絡が取れなくなったり連絡をしてきたりするので、未読スルーされたからといって、ブロックせずに関係を保留にしておきましょう。

 

まとめ:未読スルーを1週間されたら冷静に脈ありか脈なしかを判断しよう!

今回は、未読スルーを1週間される理由や対処法・予防法を紹介しました。

最後にもう一度、急に1週間未読スルーされた時の対処法として以下の5つをおさらいしておきましょう。

  1. 時間を置いてみる
  2. 電話してみる
  3. 過去のメッセージを振り返る
  4. 第三者からメッセージを送る
  5. 相手が返信しやすいメッセージを送る

また、未読スルーを1週間されないための予防法として以下の3つも覚えておいてください。

  1. 頻繁にメッセージを送らない
  2. 返信しにくいメッセージは送らない
  3. 自分の意見ばかりを主張しない

この記事を読み、未読スルーを1週間された時の対処法が理解できたら、早速実践して脈ありか脈なしかを判断してみてください。

アゲウン心理テスト